教育問題

学級経営

【合理的配慮】テスト問題にもルビを振ることはズルい!?

今の教育環境で1つ大きな問題として言われているものの中に,『通常の学級に発達障害の可能性のある特別な教育的支援を必要とする児童生徒が6.5%いる』と言われていることがあります。そして,この人数は増加傾向にあり,子供たちの多様化が顕著に現れ...
効率化

通知表は出さなくてOK〜子どもを認めるタイミングは今!〜

通知表は出さなくてもOK(法的に) 文部科学省によると, 児童生徒の学習状況について保護者に対して伝えるもの。法令上の規定や、様式に関して国として例示したものはない。文部科学省 とのことです。通知表は「出した方が良いだろ...
教育問題

教員から提案する家庭教育のあり方〜子供の話を聞き・受け入れる指導を徹底する〜

教育というのは,教育基本法にも示されているように, これは教員として学校で勤務していると痛感します。学校でどのように指導しても家庭環境次第で同じことを繰り返してしまうということや,指導した内容の価値観が伝わらなかったり,理解...
効率化

もう無駄に働いて損しない働き方

たくさん学校のために働いたのに,対して給料上がらなかった(人事評価でいい評価を得ることができなかった)という方は多いのではないでしょうか。自分の時間までも犠牲にして働いても,今の学校現場では正しく評価されません。それが現実です。 あ...
教育問題

【令和3年度教育委員会における学校の働き方改革のための取組状況調査結果】から読み取る働き方問題

令和3年度9月1日を調査の基準点として,結果が公開されました。 あるのすけ 教員として働いている方はぜひ確認しておきたいものです。現実とは少し違って感じることもありますが… 時間外勤務時間(在校時間)について ...
教育問題

教員には休憩時間はない!?またまた違法でブラックな働き方の実態

教師の時間外勤務が多いことがよく取り上げられるようになりました。Twitterでは#教師のバトン や#先生死ぬかも などがトレンド入りし,ネットニュースにもなりました。そういった時間外労働のことが多く取り上げられていますが,なかなか取り上...
教員のお金事情

教員の残業代について考える

教員の働き方の特殊性から,特に公立学校の教員は ”残業” という概念がありません。どこまでを自主的な活動とするのか,どこまでは業務であるのかの境目が明確でないというところが背景にあり,”給特法” という法律ができました。しかし,現在の教員...
教育問題

部活動を辞めたい生徒にどう声をかけますか?

令和5年度から部活動は地域へと移行していく方向で進んでいきます。そのため,学校が主体となって部活動を実施していくという今までの部活動のあり方が,これから確実に変わっていきます。そのため,部活動をやりたい生徒はやり続け,部活動をやりたくない...
学級経営

個性を生かすために叱る指導は必要

個性を生かす教育が求められている どちらも平成29年度告示の学習指導要領から抜粋した文章です。学習指導要領の中に『個性』という言葉は26箇所もあり,教育に『個性』の尊重の大切かがわかります。 ...
効率化

残業が多くなる〇〇教育について考える

教員の時間外労働時間が長いのは,随分前から問題提起されています。しかし,なかなか改善されないばかりか,どんどん文科省や各省庁からの通達で学校に課される業務は多くなる一方です。その中でも今回は,〇〇教育というものに対して現状学校に求められて...
教育問題

PTAのことで悩まなくていいんです!

教員の方はこちら PTAとは 日本におけるPTA(ピーティーエー、英語: Parent-Teacher Association)は、各学校で組織された保護者と教職員(児童を含まない)による社会教...
教員のお金事情

教員も不当にPTA会員になっている

PTAとは 日本におけるPTA(ピーティーエー、英語: Parent-Teacher Association)は、各学校で組織された保護者と教職員(児童を含まない)による社会教育関係団体。Wikipedia そもそもP...
タイトルとURLをコピーしました